六地蔵について

六地蔵は、 各々、「宝珠地蔵・宝印地蔵・持地地蔵・除蓋障地蔵・日光地蔵・壇陀地蔵」といわれます(諸説あり)。

 お地蔵様と親しまれる、地蔵菩薩。

 地蔵菩薩は、釈迦の入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩(みろくぼさつ)が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまうため、その間、衆生を救う役目を持ちます。

 この地蔵菩薩の像を6体並べて祀ったのが六地蔵です。これは、仏教の六道輪廻の思想(人は死ぬと、六道を永遠と転生し続ける )からきており、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとすることから生まれたものです。

 ・地獄道:死後、一番罪の重い者が行く世界です。
 ・餓鬼道:欲に溺れた者の、飢え満たされぬ、貪欲の世界です。
 ・畜生道:人間以外の動物等が住む、弱肉強食の世界です。
 ・修羅道:争いを好む、鬼神の世界です。
 ・人道  :私達が住む人間界のことです。
 ・天道  :神々が住む極楽の世界です。

 


各地の六地蔵